ワンショット・キルに感心する

.29 2012 狩猟・射撃 comment(-) trackback(-)
今日から息子が正月休みなので、午後から山を見に行く。
正月に皆を呼んで新年会をするので、鹿肉を頼まれたので、
うまそうな奴を倒せ、と言って助手席に乗せて出発。

あれはダメだとか言いながら、流し帰りにどれでもいいから
回収しやすい奴にしろとたら、「止めて」と言うが速いか
車から降りて、路肩を越えて銃をかまえている。

どんという銃声、車からは見えなかった。
銃を置いて、ツボ足で登って行った。私はカンジキを付けて登って
行ったら、鹿を引いて降りてきた。

「狙ったところに入っているは」と鹿のほっぺに穴が開いている。
距離100m位か、腕前に感心する。
121229_160414.jpg

121229_160431.jpg


エゾシカは身の回りに居るのが当たり前

.29 2012 自然 comment(-) trackback(-)

 今日は警察から鹿が出ているから処置して欲しい」の連絡を受け出動、
一応銃も持っていくと、民家の裏山に若いオス2頭トメス2頭、車から降りて
大声で追い払うと崖を登って行った。

その後又電話が入り、行くと警察官が民家の横に大きなオスが1頭居た。見ていると
崖を登って行ったとのこと。

通報を受けると、警察も出動しなければならないし、鳥獣保護員も出動となる。
然し民家のそばでは発砲は出来ないし、大声で追うより処置できない。

町のすぐそばの林地や畑地には、自然に鹿やキツネは居るのです。
夏の間は、えさが豊富にあるが冬、特に今年は雪が多いので崖の雪の少ないところで
エサを採ろうとして、民家の近くへ来ますから別に驚くことではありません。

ドライバーさんも急に鹿が飛び出すことがありますので、スピードは控えめにお願いします。
0211しか


狩猟パートロールにて

.27 2012 狩猟・射撃 comment(-) trackback(-)
天気が良かったので、狩猟パトロールに出かける。
一応銃を持っていく。
途中ハンターの車に出会うも猟果は積んでなさそう。
駐車帯にピックアップトラックが置いてある。
山に入っているのか、・・・・

能取岬に行くも途中吹き溜まりがある。
流氷が来るか危ぶまれている。

帰りに先ほどの車のハンターがメスを引っ張って出てくるのに出会った。
メスが4頭いたらしい。ご苦労様です・・・・

おっとジャンガラの蔭にオス鹿がいる。おそらくあの大きな木の下で寝るのか、
上半身だけ見せてこちらを見ている。
車をバックさせ、銃を持って降り、路肩に飛び込む、腰まで雪が深い。
立射で首を狙うも、ジャンガラが絡みそう。
ほんの隙間から首にクロスを合わせトリガーを引く。
その場で崩れ落ちる。完全なワンショット・キルだ・・・

それからが大変、ロープとナイフを持ち、ゴム手を履いてカンジキを付けて
小丘を登って倒れたところに行く。

ロープとナイフを出して、携帯でパチリ。腹を抜いて引き出し車に積むまで
約1時間掛かってしまった。
121227-3.jpg
流氷が待ちどうしい能取岬

121227-2.jpg
行って見たら思いの外大きかった

121227-1.jpg
直線で73cmの角だった。

雪が積もってチロは元気です

.26 2012 愛犬「チロ」日記 comment(-) trackback(-)
愛犬『チロ』は雪をこいで大喜び・・・
呼んでも戻って来ないので、お仕置きも・・・

121226-1.jpg

121226-2.jpg

DSC02278.jpg

DSC02276.jpg

端野チコリ研究会

.26 2012 トピックス comment(-) trackback(-)
端野の小川さんのところの餅つきに行ったときに、「チコリ」をご馳走になった。
そのまま食べてもくせがなくしゃきしゃきして美味しい。
酢味噌やいろんなものをのせて食べてもうまい!
ついでに、チコリの栽培場を見せてもらった。

チコリはベルギー原産の野菜、日本ではフランスから輸入しているらしい。
高級レストランで使用されているとのこと。


6月に種を蒔き11月に根を掘り出し、それを籾殻の中で芽を出させ15~20度
位で1ヶ月~40日で製品になり今がピークと言うことです。
出荷は予約だけで市場には出していないらしい。

DSC02258.jpg
美味しいチコリ
DSC02263.jpg
看板には「地子里研究会」
DSC02264.jpg
籾殻を敷き詰めた床の中にチコリが育ってます
DSC02267.jpg
床から取り出したチコリ

DSC02266.jpg
チコリの根です。


端野の知り合いの餅つきに行ってきました

.26 2012 身の回りの出来事 comment(-) trackback(-)
端野の「おがわ百商」さんのお宅の餅つきに行ってきました。
先祖は明治31年に山形から開拓に入ってきたそうで、その前に入った屯田兵の
家土地を買ったそうです。
DSC02252.jpg
石臼で餅つき

DSC02254.jpg
大きなお盆で粉を付け

DSC02256.jpg
ビニール袋に入れてのします

DSC02255.jpg
のした餅は雪の上に敷いたシートの上で冷やし
その後切り分けます

DSC02257.jpg
小川家の5代目?りくちゃん4ヶ月目
DSC02261.jpg
私は外で常呂の漁師さんが持ってきた、牡蠣・帆立・サンマやイカ、ホッケを焼いて
食べるの専門です。美味かったな・・・
車なので酒が飲めなかったのが残念・・・・

枯れ木に花が咲いたよう

.19 2012 自然 comment(-) trackback(-)
昨夜は雪が深深と降り、枯れ枝に積もって
枯れ木も華やいでみえます。

121219-1.jpg

カモシカを喰らう会

.19 2012 身の回りの出来事 comment(-) trackback(-)
昨夜はアラシックス会で『カモシカを喰らう会』を行った。
一部メンバーは吹雪で出て来れなかった。
ビールで乾杯、ワインを飲み午前2時過ぎまで語り合った。

121218-1.jpg
マガモ・コガモのすき焼き

121218-2.jpg
鹿のロース鉄板焼き

左後ろ足の無い鹿

.07 2012 狩猟・射撃 comment(-) trackback(-)
当歳時にでも、罠にかかって左後ろ足の膝から下がないオス鹿を射獲した。
左後ろ足に怪我があるので、右角にその影響が出ている。

121206_074613.jpg

121206_074627.jpg

知床連山もくっきり

.07 2012 網走 知床の自然情報 comment(-) trackback(-)
知床を一望できるのは網走って知ってます?
知床に行っても全体は見ることは出来ないんだよ!

121207_131521.jpg
つくしヶ丘公園より

田中角栄失脚の原因は?

.07 2012 読書 comment(-) trackback(-)
有馬哲夫著『原発と原爆』に「田中が失脚する要因となったのは、ささやかな意地を見せたウラン鉱石と濃縮ウラン設備の輸入ではなく、全面的に譲歩してしまったエアバスの輸入だった。つまり、エネルギー政策でアメリカに逆らったがゆえというより、むしろ民間航空機国産化政策においてアメリカに屈服してしまったがゆえに、田中は破滅したのだ。しかし、それも日中国交正常化という歴史的偉業を達成するために払った代償だったのではあるまいか。」

さらに
「田中がアメリカの逆鱗に触れたとすれば、核不拡散条約の日本の国会での批准を急がなかったことだろう。そして、批准していない段階で、東海再処理工場を建設し、天然ウランを大量に輸入して、国産の濃縮ウランを作ろうと計画していたことだろう。それは、アメリカから見れば、日本が潜在的核武装能力を持つことを意味し、日米安全保障体制の前提がまったく変わってしまうことを意味した。」と述べている。

これは、もともと正力が日本に原発を輸入する意図が、原発で使用済み核燃料からプルトニュムを抽出し核兵器を開発することであった。そこに日米安保体制で永久に日本から富を吸い取る体制が崩れることになるので、田中角栄は陰謀で失脚させられたのだろう。

それをそばで見ていた中曽根は、一途にアメリカに忠誠を示し、日本列島不沈空母発言が飛び出したのだろう。

全ての原因が日米安保体制と原発(原爆製造)にあったことが理解でき、不明な謎が解けてくるのである。

天国へ続く道?

.05 2012 網走 知床の自然情報 comment(-) trackback(-)
斜里峰浜の展望台から
天国に続く道と言われる真っ直ぐな道の先は
網走なんだよねえ
121203_20121205113957.jpg
逆からみると地獄へ続いてるのかな・・・
121203-6tenngoku.jpg

チロは助手席でおすわり

.05 2012 愛犬「チロ」日記 comment(-) trackback(-)
ふと横を見ると、チロがお座りしてこっくりこっくり、
車を止めて携帯でパチリの音で目を覚ました。

121203_090249.jpg

12月3日の知床連山

.05 2012 網走 知床の自然情報 comment(-) trackback(-)


久しぶりに快晴!知床エゾシカファームに行ったついでに写真と
撮って来ました。

121203-05sharidake.jpg
斜里岳(小清水から)
121203-4sharidake.jpg
斜里から斜里岳
121203-2unabetsu.jpg
海別岳
121203-1.jpg
連山と羅臼岳を望む

楢の大木

.02 2012 自然 comment(-) trackback(-)
能取岬の山林で発見した楢の大木
地面にどんぐりの帽子が沢山あった。
実は鹿が食べたのだろう。

201201-2.jpg
20121201-03.jpg

チロも一緒に山を歩きます

.02 2012 愛犬「チロ」日記 comment(-) trackback(-)
やっと山を付いて歩けるようになってきました。

20121201-1.jpg

121201_133958.jpg

誰が捨てるのか?

.02 2012 自然 comment(-) trackback(-)
巡視に行ったら、能取岬の展望台に入る林道入り口に
ゴミが散乱していた。
雪が被って少ないようだったが、拾い集めるとゴミ袋2つにも
なった。マンガなどもあり家庭のゴミか?



121201_125613.jpg

121202_091932.jpg

ハンターのマナー

.01 2012 狩猟・射撃 comment(-) trackback(-)
今日は自然環境巡視を行った。
銃猟禁止地区で、鹿の残骸を見つけた。
銃猟禁止エリアなので、おそらく駆除で倒したのだろう。
駆除で倒した鹿はゴミ捨て場に持っていくのがルールだが
現実は放置される方が多いのだろう。

実際は山野に放置しても1年くらいでほとんどカラスやきつねが
綺麗に掃除してくれる。
だが、人目に付かない沢や笹薮ならまだしも、林道を200mほど入った広場に
放置するとは、同じハンターとしていかがと思い残念である。

ゴム手を履いてスコップで何とか埋没してきた。
121201_123704.jpg

 HOME