FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エゾ鹿利活用技術指導者育成研修会

.12 2013 トピックス comment(-) trackback(-)
衛生管理・残滓減容化研修会が斜里町で、「農水省の鳥獣被害対策基盤支援事業」ということで行われ参加してきた。
食品として流通させるためには、最低北海道HACCPを取得し、衛生管理を徹底することはもちろんだが、
ハンターが捕獲後どのような管理をして運び込むか、そして家畜ではないので捕獲する時期など重要だと意見を述べた。行政は処理場に持ち込まれてからを指導するが、運び込むまでも重要だということを認識してほしい。
30名定員満員の講習会であった。明日の見学はパスして帰ってきた。
130912.jpg
スポンサーサイト

国定公園巡回監視

.11 2013 自然 comment(-) trackback(-)
今日は、天気も良く気温も29度まで上昇・・・
国定公園の巡回監視に行ってきた。
能取岬の国有林を管理委託を受けているゲートが壊されていた。
おそらく、ウニ・タコの密漁者であろう。
管理地内のトイレも笹で覆われていたので、近々笹刈りをしなければ。

能取岬駐車場のゴミ拾いをしてきた。
吸殻や弁当空など・・・・中国人を笑えないよ日本人!

130911-1.jpg

130911-2.jpg

130911-3.jpg


ネイチャークルーズ

.10 2013 自然 comment(-) trackback(-)
今日温泉に入りに行ったら、ネイチャークルーズの船長(オーナー)の前田氏にお会いした。
聞くと今年は大分お客も増えたらしい。
彼はもと捕鯨船に乗っていたので、クジラの生態に詳しく、どこにクジラがいるか経験でわかるようだ。
潮目とか小魚やプランクトンが集まるところに、クジラもやってくる。

経験があるので、クジラを発見する確率も高く乗船したお客様は満足しているようだ。
春先からのミンククジラやイシイルカ、これからはツチクジラも見ることができるらしい。

捕鯨ができなくなり、今度は見せるほうで腕を発揮しているのは複雑な心境であろう。
太平洋でミンククジラの調査捕鯨をしているので、オホーツク海により多く集まってきてるのかも。
捕れないなら観光資源としてお客様に満足がされるのであれば・・・・

漁師は増えすぎても困るしな・・・・・・

画像はKさんのブログ(「僕らはみんないきている」リンクあり)から
130910minnku.jpg

昨年からオホーツク海も海水温が上昇し異変

.10 2013 自然 comment(-) trackback(-)
昨年からオホーツク海も水温が上昇し、鮭定置網にブリが多くのる。
おかげで地元スーパーでは安く新鮮なブリが売られているが、
寒ブリでないので、脂ののりがいまいちだが値段が安く人気だ。
しかし漁師は鮭が入ってほしいだろうし、悩ましいところだろう。

鮭でなくブリの群れです。
130910buri.jpg

イルカやクジラを食べてはいけないの?

.03 2013 トピックス comment(-) trackback(-)
最近イルカやクジラの捕獲や捕鯨に反対のツイッターやファイスブックで訴える投稿があるが、ただ反対ではなくその理由を開示してほしいものだ。
自分たちの価値観で、イルカの捕獲や捕鯨を非難するが、そこには永年培われてきた食文化があるのです。
くじらが増えすぎ、小魚や稚魚を食い荒らし、漁業に大きな影響が出てきている。
大自然は食物連鎖で適度に共生が保たれているのではないでしょうか?
ある種だけ増えすぎると、生態系のバランスが崩れてしまう。

シーシェパードにしても、アメリカやオーストラリアの畜産団体から資金が出ていると言う。
クジラの消費をできなくし、牛を食えというのだろう。
狭いゲージで抗生剤や成長ホルモン剤を食べさせ工場生産されている牛肉と自然の恵みであるクジラやイルカを比べることはナンセンスであろう。

エゾシカを捕獲し食べることを非難される人は、現実的に農業被害や樹皮の食害による森林被害そして高山植物など貴重植物の食害をご存じないのかな?

 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。