FC2ブログ

スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網走湖の全面結氷が遅れています

.24 2013 自然 comment(-) trackback(-)
今年は12月に入って雨が降ったりで、網走湖の全面結氷が遅れております。
今朝の冷え込みでやっと結氷し始めました。
そして、鮭がまだ溯上してきて何とか子孫を残すために必死です。
131224_1.jpg
131224_2.jpg
スポンサーサイト

網走地名の由来

.24 2013 網走 知床の自然情報 comment(-) trackback(-)
知里真志保のアイヌ語入門には、帽子岩をチパシリとし、チ・パ・シル(われらが・発見した・土地)がア・パ・シルからアバシリになったという。
一方、チパがぬさ場(神にささげる場所)であるとすると、海中の帽子岩にも、湖岸にもぬさ場(チパ)があって不思議ではありません。
『戊午日誌』には、つぎのように伝説が書かれております。
「霊鳥、それは疱瘡(ほうそう)の神ですが、樺太から飛んできたというんです。オホーツク沿岸の湧別に来、それから濤沸、今のサロマ湖ですが、そこに来て、道々多数の死者を出し、常呂に来ました。ここでは千人の死者を出してしまったと。そこで網走湖にそそり立つチパシリの神が、「我々のチパシリに入って来たら、世界中のアイヌを集めてお前をやっつけるぞ」と言ったので、その霊鳥はびっくりして網走の帽子岩にとまって、「チパシリ、チパシリ」と鳴いて飛び立った。網走ではおかげで疱瘡の被害からまぬがれました。霊鳥は、斜里から根室方面へ去り、「チュウルイ、チュウルイ」と鳴いて千島の方へ去ったという伝説なのです。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。